飲食店での感染症対策  – みんなのHACCP
電話でのお問い合わせ
HACCP講座

飲食店での感染症対策 

「また、元通りお客さんに来てもらえるお店を取り戻したい」

コロナ渦にある現在、飲食店経営者は日々模索を続けている事でしょう。
ニュースでは飲食店や宿泊業、販売・サービス業が打撃を受けている様子が日々報道されています。
3蜜の条件が揃うと感染のリスクは高まりますが、3蜜を回避することでサービス業は売上を上げられないのが現状でしょう。
大手でそれなりの設備を揃えられる店舗は別ですが中小の事業者にとっては死活問題です。
しかしまだできることはあります。
今、より慎重にできる対策を実行していきましょう。
飲食店が独自で行える感染症対策として、自治体などが告知しているの対策の例をまとめました。

人の間隔をとる・接触を減らす

 ・お客さんが向き合うようなレイアウトを避ける。
 ・客席同士の距離を開ける。(理想は2メートル)
 ・複数人が席に着くテーブルはパテーションなどで区切る。
 ・テイクアウトや会計で列になる場合は床にテープなどを貼り距離を保つように誘導する。
 ・接客は正面でなくお客さんの側面で立って行う。
 ・ビニールのカーテンで仕切りを作る。
 ・フェイスガードを使用する。
 ・会計時の受け渡しはトレーで行う。
 ・トイレの手洗い後は使い捨てペーパーを使用する。エアータオルは使用しない。
 ・客席の調味料入れは極力小分けのものにするか、定期的に容器を除菌する。
 ・大皿料理ではなく個別盛りの料理にする。
 ・会話より食事に集中してもらえるよう促す(BGMを流す、ポスターなどで啓発する)

ウィルスを入れない。

 ・出入口やトイレなどに除菌剤を設置する。
 ・入店前に体温確認などを行う。
 ・体調不良(咳や熱など)がある人は入店を断る旨を掲示する。
 ・体調の悪い従業員は休ませる。

ウィルスを室内に留まらせない。

 ・ドアや窓を開けて営業する。
 ・こまめに換気を行う。
 ・お客さんが入れ替わるたびにテーブルや椅子、を消毒する。
 ・接客時・調理時はマスクを着用するようにする。
 ・空気中のウィルス等を不活化できるシステムで空間の感染リスクを抑える。

飲食店はこのような感染症対策に迫られています。
しかし上記にあげた対策をすべて実行する事はかなりハードルが高いでしょう。
ソーシャルディスタンスが話題を集めていますが、忙しいランチ時に客席の間隔をあけて、なおかつお客さんを店の外で2メートルの距離を保ってお待たせするなんてことはできません。
空いているタイミングならまだしも、お昼時に来てくれたお客さんは大半が限られた時間内での食事になるのですぐに店内に案内したいところです。
お客様への体調確認なんてもっての外できるわけないと感じますし、窓を開けての営業も7月・8月と気温が上がっていき食中毒の危険も増す中、さらに虫やねずみなどの出入口を作ってしまっているようにも思えます。
それぞれのお店で経営状況も、店内のレイアウトも違うため、一概には決められませんがこれらの中でできることをピックアップして最大限の対策はすべきだと考えます。
コロナウィルスの影響はしばらく続きます。
今できる対策も大切ですが、夏・秋・冬と先を見越した対策をしていく事こそ一番効率がいいのではないでしょうか。
店内で食事することが3蜜にあたってしまうため、店内自体の感染リスクを抑えることが有効です。
現在、感染症を予防できるシステムがあり、国からの補助金等で導入する事例もあります。
見越してテイクアウトや販売を始めている事業者もイートイン一択で今後も営業していく事業者も制度に頼りながら、店舗営業を続けて頂きたいと願います。

この記事を書いた人

みんハサ編集部

みんハサ編集部

本サイトでは、食品加工会社、食品メーカー、飲食店など、飲食関連事業者の皆さんのあらゆるお悩みを解決するサイトを目指しています。
皆さんの不安と不便を解消し、食の安全と安心をサポ―トします!

もっとみる